ブログ

  • 皮膚科

    日焼け対策

    皆様こんにちは。

    今年の夏は悲鳴を上げそうなほど暑いですね、皆様体調は如何でしょうか。暑さで参っているという方も多くおられると思います。私は寝苦しい夜、体は疲れているのに十分な睡眠が取れず疲れがたまっているときは疲労回復注射でしのいでいます。自分の力でなんとも出来なくなった際は気軽にご相談下さい。

    今回は夏といえば日焼け。日焼け対策のお話です。

    皆様、日焼け対策は万全でしょうか。暑くて汗がだらだら、、、塗った日焼け止めはいずこに、、、

    塗り直しが大事なのはわかるけどべとべとして嫌だな、、、でも遊びに行きたいし、、、日焼けがシミが、、、などそれぞれに悩みをお持ちだと思います。

    まずは紫外線の話です。

    紫外線には『UVA』『UVB』の2種類が存在します。

    『UVB』

    ①全ての紫外線の5%を占め、肌の奥まで達しない短い波長の紫外線です。

    ②夏に浴びやすいですが最近は春や秋も紫外線量が多くなっています。3月頃~11月頃までは注意が必要です。

    ③浴びることで肌の表面炎症を起こさせ、赤みや日焼け、シミ・そばかすの原因になります。

    ④日焼け止めなどにはSPFで表示されています。

    『UVA』

    ①紫外線の95%を占め、肌の奥の真皮層まで達する波長の長い紫外線です。

    ②一年中浴びやすい。

    ③肌の奥に届くことで、肌の弾力やハリが低下し シワやたるみの原因になります。

    ④日焼け止めなどではPA+~++++で表示されています。

    私の夏のお勧めは飲む日焼け止めを飲みながら日焼け対策をすることをお勧めします。

    毎年頑張って塗っているんだけどな。という方はやはり塗り方がたりなかったり目から吸収される紫外線がかなりあるため焼けてしまう。という方が多いように思います。また焼けるだけではなく紫外線を浴びることで肌のごわつき、小じわ、くすみ、たるみの原因にもなってしまい気持ちが晴れないという方も少なくないのではないでしょうか。

    それを解消してくれるのが飲む日焼け止めです。

    飲む日焼け止めは深いところまで入ってきてシワやたるみの原因になる『UVA』を積極的にBlockしてくれます。また紫外線は皮膚から吸収されるだけでなく、目からもかなりの量吸収され日焼けをしやすい原因になりますがこれもBlockしてくれます。やはり中からブロックするということはとてもいいようで毎年とても焼けやすい肌の方でも戻るのが早い、戻ったときが綺麗だと喜んでおられます。

    飲む日焼け止めにもいろいろなタイプがあると思います。私は金銭的なことも考えてactiveに活動する時だけ飲むタイプのものを好んで使っています。

    また塗る日焼け止めクリームは基本的に『UVB』『UVA』共にブロックしてくれます。私は石けんで落ちるタイプのものを使用し少しでも肌に負担をかけないように努力しています。夏はそれだけでなくても肌に負担がかかります。少しでも肌に負担がかからないようなものを使用してあげることが肌のためには一番です。

    塗り直しがベトベトして嫌だという方はスプレータイプの日焼け止めがあります。塗り直しは基本2時間おきにといわれていますが、中々お直しできませんよね。でもスプレータイプのものならお化粧の上からスプレーするだけでとても簡単です。クリニックでは色むらになりにくく肌なじみのいいものを取りそろえています。敏感肌の方も面倒臭がりの方も、勿論綺麗になりたい方もいつでもお気軽にご相談下さい。

     

     

記事一覧へ戻る