当院で治療可能な皮膚科疾患

当院では、アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬などの一般的な皮膚科診療に合わせて、にきびの治療、まつ毛の増毛などの美容診療も行っております。 皮膚を専門とする副院⻑が適切な診察・治療を行いますので、お気軽にご来院ください。

アトピー性皮膚炎

  • 肌に赤みがある
  • 肌に強い痒みがある
  • 皮膚がポロポロと 剥がれる

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はアトピーによって引き起こされ、痒みのある湿疹が主な症状です。症状の改善と悪化を繰り返すため、治療は⻑期間に渡ります。 アレルギー体質の方や皮膚のバリアの機能が弱い人に多く見られる疾患です。

当院で行う治療

ステロイドの塗り薬を中心に治療を行いますが、今まで使用して改善しなかった場合でも塗り方、塗る量などを見直すだけで改善することがあります。当院では細やかな指導を心がけております。お気軽にご相談ください。 また抗ヒスタミン薬や漢方薬も併用し症状の改善を図ります。

尋常性乾癬

  • 赤い発疹がある
  • 皮膚が白くなり ガサガサする
  • 皮膚がポロポロと 剥がれる

尋常性乾癬

乾癬は、皮膚が赤くなって盛り上がり、一部がポロポロとはがれ落ちる病気です。症状が悪化すると、白く分厚い垢が付着することもあります。髪の毛の生え際や関節など、皮膚がよく擦れる箇所に発症することが多くありますが、体の特定の箇所のみに発症することもあるため正確な診断に添った治療が重要です。

当院で行う治療

乾癬の治療は、毎日塗り薬を指定の回数しっかりと塗ることが重要です。 当院では、皮膚の状態に合わせて、「ステロイド外用薬」、「活性型ビタミンD3外用薬」、「配合外用薬」を使い分けています。 乾癬の治療は⻑期間に渡り、治療の目的は完治ではなく寛解(軽い症状に抑えた状態)になります。 良い状態を維持するために、治療を継続することが重要です。

かぶれ

  • 特定のものが接触したところがかゆい
  • 肌に強い痒みがある

かぶれ

植物や金属、洗剤や薬品など、特定のものが肌に接触した際に、肌が赤くなり、強い痒みを伴うことがあります。 これは、体内に入った時に異物を除去しようとする免疫システムが過剰に反応してしまっている状態です。 かぶれは痒みが広がることなどはなく、特定のものが接触した箇所のみに発症するため、ピンポイントでの治療となります。

当院で行う治療

ステロイド外用薬をかぶれている箇所に塗ることで症状の改善を図ります。 痒みの激しい場合は、かゆみ止めを合わせて処方し、肌を以前の状態に戻します。

じんましん

  • ブツブツとした発疹がある
  • 発疹に強い痒みがある

じんましん

じんましんの原因は様々で、食べ物や薬剤によるアレルギー反応、急激な温度の変化、発汗や日光などの外部的な刺激などがあります。また、精神的なストレスも症状を悪化させる要因となります。 痒みが⻑期間続き、掻いたことによる肌の荒れなども起こり得るため、早期の治療が重要です。

当院で行う治療

じんましんは「ヒスタミン」という物質によって引き起こされるため、「抗ヒスタミン薬」という飲み薬を使い症状の改善を図ります。症状の改善に合わせて、処方の量を調整するので体に必要以上の負担をかけることはありません。症状が重い場合にはステロイドを使うこともありますが、蕁麻疹の治療で大切なことは原因を突き止め避けることも大切です。しかし成人の慢性蕁麻疹の多くは原因不明なことが多いです。蕁麻疹とどのように付き合っていけばいいかをわかりやすくご説明します。

粉瘤・皮膚腫瘍

  • 皮膚がドーム状に盛り上がる
  • 盛り上がりの中央に黒い点がある

粉瘤・皮膚腫瘍

粉瘤とは、毛穴が袋状になり中に古い角質がたまった状態です。このまま放置しておくと中の膿が増えていき少しずつ大きくなっていきます。また放置することで細菌が入ってしまい赤く腫れ上がり痛みを伴います。

当院で行う治療

粉瘤が細菌感染を起こしている場合は、抗生剤の飲み薬を中心に治療を行います。また必要に応じて切開を加え中の膿を一時的に外に出すことで症状を改善します。また切開は術後の傷跡が小さくなるように配慮し行っていきます。放置していてもなくなることはありません。細菌感染が生じる前の小さく早い状態で手術をした方が傷跡も小さく済みます。お気軽にご相談ください。

にきび

にきび

にきびとは、顔や背中などの毛穴でアクネ菌という細菌が増殖し、ぽつぽつとした発疹ができる疾患です。日本人の90%が経験する身近な皮膚病であり、多くの方がにきびに悩まされています。 「赤いにきびが悪化してから」、「にきび痕がひどくなってから」通院をされる方もいますが、にきび初期に治療を行った方が治りも早く、痕も残りにくくなります。お気軽にご相談ください。

当院で行う治療

当院では、外用薬・内服薬を使った治療を行います。症状に合わせて数種類の薬を使い分けることで効果的な治療が可能です。

フケ症

  • フケが多い
  • 頭皮がかゆい

フケ症

フケ症の代表的な症状は、頭皮の表面から多くの角質が剥がれ落ちることです。成長期には多くのフケが出ることがあります。これは新陳代謝が活発なためです。 また、ご自身の皮脂に負けてしまって生じるフケ症を脂漏性皮膚炎といいます。頭皮が赤くはれ上がり、痒みとフケを伴います。適切な塗り薬を使い、併せて洗髪の方法や生活習慣の見直しをアドバイスさせていただきます。お気軽にご相談ください。 フケは単なる角質ではなく、皮脂やほこりなども付着しているため、放置をすると異臭や痒みの原因となります。早期に治療をし、頭皮の健康を守りましょう。

当院で行う治療

当院では、湿疹反応を抑えるステロイドや、菌を抑える抗真菌剤の塗り薬を使用した治療を行います。アレルギーが考えられる患者様には抗アレルギー剤を使うこともあります。フケは様々な要因が絡み合って出るため、粘り強い治療が必要になることもあります。

うおのめ・たこ

  • 足の裏にできものがある

うおのめ・たこ

裸足で長時間歩く、ヒールの高い靴を履くなど、足の裏を酷使したときに、皮膚の防御反応で皮膚が分厚く硬くなることがあります。例外もありますが、硬くなった皮膚の中央に丸い芯あるものがうおのめ、ないものがたこと呼ばれます。

当院で行う治療

当院では痛みの原因になっている箇所をしっかりと削り、痛みの原因を取り除きます。皮膚を柔らかくする貼り薬もあるのでご希望に合わせて治療します。再発しやすいため、治療後も再発防止のためケアが必要です。

虫さされ

  • 虫に刺された箇所がかゆい
  • 虫に刺された箇所が赤い

虫さされ

虫さされとは、一般的に蚊やノミに刺されたことで痒みの強いブツブツや腫れができてる症状のことを指しますが、虫によって症状も変わってくるため治療方法も変わります。酷い場合は水ぶくれができることもあります。ハチやムカデ、クモなどに刺された場合は、全身に症状が出る場合もあるので、一刻も早い治療が必要です。

当院で行う治療

症状や原因となる虫の種類によって、処方する薬や処置は異なります。治療を行う前に原因となる虫を特定し、それに合わせた治療を行います。処方する薬としてはステロイド軟膏、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー剤などです。

帯状疱疹

  • 発疹が体の特定の箇所に集中している
  • 発疹にチクチクとした痛みがある

帯状疱疹

帯状疱疹とは、水ぼうそうのウイルスが原因で引き起こされ、体の免疫力が低下している時に発症しやすい病気です。小さな赤い発疹や小さな水ぶくれが発生し、免疫力が低下している人には全身に症状が出ることもあります。

当院で行う治療

原因となるみずぼうそうのウイルスの働きを抑える飲み薬・塗り薬を用いて治療を行います。免疫力が落ちると再発することもあるので、疲れやストレスをため込まないなどといったことも重要です。

水虫・爪水虫

  • 足の裏がかゆい
  • 足の指の間がジュクジュクしている
  • 足の爪の色が濃くなった

水虫・爪水虫

水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に感染することで発症する疾患です。高温多湿の環境で悪化し、時に強いかゆみを伴います。足が感染した場合は、皮が剥ける、発疹ができるなどの症状があり、爪に感染した場合には、爪が白っぽくなり表面にすじが入ります。周囲の人にうつる可能性のある疾患ですので、早めに適切な治療を受けましょう。

当院で行う治療

当院では、抗真菌薬の内服薬・外用薬を用いた治療を行います。症状に合わせ、他の外用薬と併用することもありますが、水虫の治療で最も重要なのは、足を清潔に保つことです。

巻き爪

  • 爪が内側に巻いている
  • 爪が肌に食い込んで痛い

巻き爪

巻き爪とは、足の爪の先端部が強く内側に湾曲する疾患です。爪の切り方が間違っている、足先の狭い靴を長時間履いているというようなことを原因として発症します。放置をするとどんどんと皮膚に食い込んでいき強い痛みを伴います。靴を履く、歩くといったことが困難になる場合もあるため、早期治療を心掛けましょう。

当院で行う治療

一時的に処置をし痛みを取ることも可能ですが、その場合は爪が伸びてくることでまた同じような症状になってしまいます。当院では、問題のある爪〜〜〜人工爪をつけることで爪を補正することが可能です。見た目も普通の爪と変わらず、直後から運動もできますし入浴も可能です。日常生活の制限はありません。ただ、先が細い靴を履くのはお勧めしません。

やけど・日焼け

  • 高音のものに肌が触れた
  • 低温のものに長時間接触した
  • 長時間日光に当たり、肌が痛い

やけど・日焼け

やけどは熱傷と呼ばれ、高温のものに皮膚が触れることにより皮膚組織が損傷した状態をさします。低温やけどと呼ばれるものもあり、カイロやこたつ等低温のものでも長時間接触し続けることで損傷します。日光に当たり続けることで肌が赤くなることがありますが、これは軽度のやけどです。激しい痛みのある場合は、塗り薬などによる治療が重要となります。

当院で行う治療

軽いやけどでも、放置をすると水疱ができたり、数日後に感染を起こすことがあります。当院では塗り薬を用い、やけどそのものの治療に合わせて、感染症予防のための治療も行います。また、やけど痕が残りにくくなるような治療も心掛けております。

いぼ・首いぼ

  • 皮膚が盛り上がっている
  • 指や首にできものができた

いぼ・首いぼ

尋常性ゆうぜいと呼ばれるいぼはウイルス感染によって引き起こされ、ドーム型に皮膚が盛り上がります。放置をすると、他の皮膚にうつってしまうこともあります。当院では、いぼの痕を残さずに治療を行うことができます。お気軽にご相談ください。

当院で行う治療

液体窒素を患部にかけ凍結させることで徐々にいぼを取り除いていきます。液体窒素の場合ものにもよりますが、数回治療が必要になってきます。CO2レーザーでの治療は麻酔を使用して行います。いぼの中の水分を蒸発させることでいぼを削っていきます。ほとんどの場合1回の施術で除去することが可能です。