当院で行う大腸カメラ検査

ポリープの切除から、大腸がんの発見まで。 体への負担が少ない大腸カメラを行います。

大腸カメラとは?

大腸カメラとは、肛門から内視鏡を入れ、大腸と小腸の一部を直接観察し、ポリープやがんなどの病変を見つ けるために行うものです。MRIやレントゲンとは違い、直接医師の眼で患部を確認することができるため、異常を早期に発見することができます。

当院で行う大腸カメラの特徴

ポリープ、小さな病変などは 検査と同時に切除を行います

ポリープ、小さな病変などは検査と同時に切除を行います

ポリープや小さな病変を発見した際、組織の検査だけ行い、後日改めてポリープ切除などの治療を行う病院やクリニックがありますが、当院では患者さんの肉体的・金銭的・時間的負担を考慮し、可能な限り検査と同日の日帰り内視鏡ポリープ切除を行っております。
しかし、ポリープの大きさや形によっては、入院が必要となる場合があります。その際は、入院設備のある信頼のおける医療機関を紹介させていただきます。

レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム
「LASEREO(レザリオ)」を導入

レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入

富士フイルム社製、最新内視鏡システムLASEREOシリーズを採用しました。LASEREOはレーザー光源を搭載し粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とします。
粘膜表層の微細血管やわずかな粘膜の凹凸などのコントラストを強調して画像をシャープに映し出すことができ、微小な病変も観察するのに適しています。

炭酸ガスを用い、検査中、検査後の苦痛を軽減します。

炭酸ガスを用い、検査中、検査後の苦痛を軽減します。

通常、大腸カメラ検査では検査時に腸に空気を入れ腸壁のシワを伸ばすことで、隅々まで検査を行います。しかし、空気を入れることでお腹のハリを強く感じることもあります。
当院の内視鏡検査では、空気に比べ生体吸収に優れた炭酸ガスを使うことで、検査中、検査後のお腹のハリを軽減しています。 炭酸ガスを用いることで、拡張した腸は速やかにしぼみます。

鎮静剤を用い、苦痛を軽減し検査することができます。

鎮静剤を用い、苦痛を軽減し検査することができます。

「一度大腸カメラを受けようとしたが、痛みで受けることができなかった」「大腸カメラの痛みが不安」。こういったお悩みをお持ちの方の苦痛を取り除くために、当院では鎮静剤を用いた大腸カメラ検査も行っております。安全を最優先として、患者様に合った、麻酔法・検査法を選択しております。

つらいがん治療を受けないために

辛いがん治療を受けないために、早期発見を心掛けましょう

辛いがん治療を受けないために、早期発見を心掛けましょう

食事やライフスタイルの欧米化に伴い、大腸がんは日本人の死因の上位にランクインするようになりました。ですが、大腸がんのほとんどは、大腸ポリープが大きくなるにつれてがんに変化したものです。 定期的に大腸カメラを受診しポリープを発見、切除してしまえば、大腸がんのほとんどは未然に防ぐことが可能です。

大腸がんが進行してから発見された場合、手術や抗がん剤などのつらい治療が待ち受けています。生活や経済面での負担も大きく、根気のいる治療となります。そうならないためにも、40歳以上の方は定期的に大腸カメラを受診し、早期発見・早期治療を心掛けましょう。

■このような方に大腸カメラ検査をおすすめします

  • ・下便秘や下痢が続いている
  • ・便が細くなった
  • ・血便が出る
  • ・家族や親戚に大腸がんの人がいる
  • ・脂っぽい食事が好き
  • ・タバコやアルコールが好き
  • ・お腹が張る
  • ・急に体重が減った

大腸カメラの流れ

説明と予約

説明と予約

予約は、診察時または電話にて行なっておりますが、検査前には受診が必要です(検査日1週間前を目安に受診してください)。受診時に、内視鏡検査の必要性・合併症の説明や、検査の日に必要な食事・薬の調整、説明を行います。
基本的には予約制となっておりますが、急な症状などで検査をお急ぎの方はお申し出てください。

※ 血をサラサラにする薬を飲んでいる方は検査に際し調整が必要です。事前にお申し出ください。

検査前日まで

検査前日まで

大腸カメラを受けるまでの生活で最も大切なのは、前もって腸内の内容物を空にしておくことです。
前日は事前に受け取って頂いた検査食、もしくは消化の良い食事を取り、夜8時以降は水分のみを摂るようにしましょう。

■消化のよい食事例

うどん、おかゆ、白身魚の煮物、卵焼き、豆腐の味噌汁など

■消化の悪い食事例

脂肪の多い肉や魚、海藻類、キノコ類、豆類、果物、果物ジュースなど

検査当日

検査当日

原則として絶食です。脱水を避けるためにも水分は十分とって下さい。
下剤を飲む時間は、ご本人の状態とも合わせて事前にご相談頂きますが、検査開始3時間以上前から時間をかけて飲んで頂きます。下剤を飲み終えた頃から1時間位の間、下痢便が10回程排便され、腸の中が空っぽになります。

検査前準備

院内で便が透明になったことを確認できたら、検査用パンツに着替えていただき、ベッドに横になります。
お腹の動きが活発な方は、動きを弱める薬を注射してから検査を行います。

検査

検査

肛門から内視鏡をゆっくり入れていき腸の中を検査します。
体型や腸の形によっては、多少違和感を感じることもありますが力を入れてしまうと、さらに体に負担がかかってしまうこともありますので、リラックスして検査をお受けください。

結果説明

診察室にて、結果を説明します。飲食は1時間後から可能ですが、なるべく消化の良いものを摂ります。当日の飲酒や運動は控えて下さい。中止していた薬剤の再開は、結果説明時に指示します。

※ 組織検査を行った場合には、病理結果が出るのに1~2週間かかりますので、後日再度受診します。

患者さんの負担の少ない新しい下剤「ピコプレップ」

下剤の服用は検査前日150ml、当日午前中150mlと非常に少なくなっています。また、その他の水分は、水やお茶だけでなく、透明な飲み物(ソフトドリンク、具のないコンソメスープ等)で前処置が可能です。「下剤の味が苦手。」「下剤に抵抗がある。」という患者様は、ぜひご検討頂けたらと思います。