メニュー

エキシマライト

エキシマライトとは

エキシマライトは炎症や脱毛、湿疹などの過剰反応を起こしている皮膚の症状に対して、患部に紫外線UVBを照射して沈静化する最新の光線治療療法です。

外用薬のみで改善が見られない皮膚疾患に有効で、光線を当てることによって皮膚活性を起こし症状を改善させます。

また、色素細胞を刺激し色素再生を促すため白斑にも有効です。照射の痛みはなく、少し温かく感じる程度です。

紫外線のエキシマライトは一部の疾患に対して保険適用があり、2020年4月からは『円形脱毛症』に対しても適応いたしました。

保険適用となる疾患には、以下の疾患が含まれます。

アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能が低下することが原因となって引き起こされる病気です。
かゆみや乾燥、皮膚の炎症を伴い、周期的によくなったり悪くなったりを繰り返します。ダニやカビ、汗などの物理的な刺激や、ストレスなどの心因的要素によって症状が悪化しやすくなることが知られています。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

全身の皮膚に盛り上がった赤い皮疹(紅斑)ができ、次第にその表面が銀白色のかさぶたに覆われ、それがフケのようにはがれ落ちる皮膚の病気です。症状が現れやすい部位は、頭・肘・膝・お尻となっています。約半数の方にかゆみをともなうことも知られています。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手のひらや足のうらに、水ぶくれ(水疱)やうみ(膿疱)が繰り返しできる病気です。
上記に挙げた部位以外にも、膝や肘などにも症状があらわれることがあります。
水ぶくれのでき始めにかゆみを伴うことが多くあることが特徴です。

円形脱毛

円形脱毛症は、頭髪の一部や全体が円形状に抜け落ちる病気です。突然発症をすることが特徴であり、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら脱毛をしていきます。
頭髪が抜け落ちる原因として、自己免疫の異常が考えられています。通常、免疫反応は体内に細菌などの異物が侵入した際に攻撃をするのですが、免疫細胞が異常を起こし、自己の毛根を攻撃をしてしまい脱毛につながってしまいます。

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)

皮膚の色が白く抜けてしまう病気です。
尋常性白斑は皮膚の色を産生する色素細胞であるメラノサイトが何らかの原因で減少、消失することで発症します。体のいたるところで発症します。メラノサイトが減少、消失する原因としては自己免疫異常やストレスなどが考えられています。

異汗性湿疹(いかんせいしっしん)

手のひらや足の裏に突然小さな水ぶくれが左右対称に発症し、かゆみや痛みを伴う病気です。手足に汗をかきやすい体質の人に多く見られる病気のため、春や夏の汗をかきやすい時期にみられ、汗が出にくい秋や冬には症状が軽くなることが特徴となっています。無症状で終わることもありますが、かゆみを伴ったり、水疱が大きくなってむけると痛くなることもあります。

皮膚疾患に対する紫外線を用いた光線療法は、紫外線のUVBを用いた治療が主流となっています。エキシマライトはUVBを患部のみに照射して免疫を整え、短時間で治療効果が期待できるレーザー治療となっています。

エキシマライトの特徴

照射範囲が狭い

健常部位に照射せずに患部のみに照射することができます。

照射時間が短い

患部に1~30秒程度の照射時間となっています。

効果が出るまでの時間が短い

個人差がありますが数週間程度となっています。

痛みが少ない

痛みはなく、少し温かく感じる程度です。
施術当日に洗顔や入浴も可能です。

治療について

病気と症状の程度により治療期間は異なりますが下記をご参照ください。

頻度 治療期間
週に1~3回 2か月~半年程度

※個人差があります、およそ5回から10回で効果を感じられます。

治療が受けられない方

  • 日光や紫外線で強い炎症を起こしやすい方
  • 皮膚がんやその既往(以前になったことがある)がある方
  • 日光や紫外線で悪化する病気のある方
  • 妊娠中の方(要相談)
  • 免疫抑制剤を使用中の方

その他、治療について気になる方は医院までお問い合わせ下さい。

副作用・注意事項

副作用は少なく安全性が高いとされており、多くの皮膚疾患に有効ですが まれに照射部位の紅斑などのやけど症状や色素沈着などが起こる場合があります。
※照射量が強すぎると赤みや色素沈着、水疱を起こしてしまう可能性があります。

治療の流れ

1.診察

診察をしてから治療方法について説明をさせていただきます。

2.施術(レーザー照射)

疾患によって異なりますが、エキシマライトを数十秒程度照射します。

3.アフターケア

痛みが少ないことが特徴ですが、人によっては痛みを感じることもありますので、痛みのある場合は当院にご連絡ください。

4.通院

症状によって異なりますが、週に1~2回程度の間隔で治療をしていきます。
効果が見られてからはだいたい1~2週に1回程度での治療になります。

費用について

3割負担の場合:約1,000円

まずはお気軽にご相談ください

従来の光線療法よりも短い時間で効果が期待できるエキシマライト治療は一部の疾患に対しては保険内で施術をすることができます。ご興味がある方は当院にご相談にいらしてください。

患者様へのご案内(保険医療機関における書面掲示)

一般名での処方について

後発医薬品があるお薬については、患者様へご説明の上、商品名ではなく一般名(有効成分の名称)で処方する場合がございます。

医療情報の活用について
当院は質の高い診療を実施するため、オンライン資格確認や電子処方箋のデータ等から取得する情報を活用して診療をおこなっています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME